亀ちゃんダイアリー

ファミリー

2013-01-29 20:28:33 | 亀井 | 日常




工房の新年会です。足場やさんからクリーニング屋さんまで31人です。

この会も何回かさせてもらうことが出来てみんなも結構なれてきたみたいです。
足場とクリーニングは現場では最初と最後ですからほとんど顔を合わすことはありません、しかしこうして会を繰り返すことが出来てみんな顔も覚えてもらってだんだん仲良くなってきた感じです。

亀ちゃんの年間予定から始まって、亀ちゃんの小言(笑)、若僧達の自己紹介などなど締めはじゃんけん勝負で商品ゲット楽しい宴になりました。

新しい仕事の話や、現場での問題点、いろんな相談事、たくさん話すことが出来よいコミュニケーションが取れたと思います。
皆の結束が深くなればなるほど自分に責任や期待が掛かってくるように思えるのは気のせいなのでしょうか?
その重責を果たせるよう精進していきますのでどうぞ皆さんよろしくお願いします。

追伸 この日 重責でつぶれる前にお酒でつぶれた亀ちゃんでしたlaugh

鈴鹿のリフォーム

2013-01-24 20:13:16 | 亀井 | リフォーム


鈴鹿のリフォームがようやく終わりました。ビフォーアフターを載せたいと思います。


室内は劇的に変わりました!間取りも変えたし、階段の位置も変えました。
耐震もして外断熱もしっかりと
住みだして24帖ほどあるリビングダイニングは小ーさなヒーター一つで間に合っています。
寒くなる前に完成してタイミングばっちりです!mail


他にも玄関、寝室、トイレ、浴室水周りなど!
ビニルクロスから自然素材に変更し、床は栗フローリング、天井は杉板、漆喰、壁は漆喰、中塗り、

大工仕事はリビングの格天井、縦格子などなどリフォームでも亀ちゃんの家造り全開です。
施主さんにも喜んでもらえたと思います。
長い間ありがとうございました。

竹割り物語

2013-01-22 11:54:20 | 亀井 | 土壁へのこだわり



若僧達の竹割り作業です。えつり(壁下地)の竹です。
ここ最近は竹屋さんの数も少なく高齢になってきました。
いつかはこの若僧達が壁下地を編むときが来るかもしれません。
そのときのために今日は竹屋さんに入門です。
早朝まだ霜柱も消えない薄暗い竹やぶで作業は始まります。

あらかじめ時期の良い時の竹を適寸に切り出してあり、その竹を大きさに合わせて6等分、7等分、8等分に割っていきます、そして節をはねたら出来上がり。
作業は簡単です。
がこの寒い時期にこの作業は大変です、地下足袋の足はしびれてきます、足の上に竹でも転がって来たらうずくまってしまいます。
なたを持つ手も冷たさで感覚がありません。
3メーターの竹を割り裂く作業は壮快で勢いを付けて一気にパカパカパカーっと何枚かに裂いて行きます。
作業をリズミカルにこなしていくと冷たい体もだんだん暖まってきます。

この土場におよそ4件分数百本の竹を数千本に割って束ねていきます。竹屋さんはこれを永遠に約一月?、毎日寒い竹やぶで作業が行われます。
この甲斐あってここの竹屋さんの竹は厚く丈夫なえつり竹になって亀ちゃんの家造りに花を添えてくれます。ありがたいです。





地面の下ではもう夏の準備?カブトムシの立派な幼虫が縮こまって春を待っていました。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

施工事例

A様邸増築工事
座敷と仏間があり、昔ながらの風習も守りながら、若い世代...
四日市S様邸
台所を中心に子供達の気配が感じられるように 南側を充分にいかした間取り
ビタミンハウス H様邸
シンプルで無駄のない自然派住宅
亀山 H様邸
金沢の古い町屋のイメージで 3匹の猫が快適に暮らせるように・・・
名古屋市 T様邸新築工事
名古屋市の大久手計画工房さんの設計した住宅の建築依頼です。
耐震断熱改修 鈴鹿市O様邸
応接間とダイニングをつなげて広々と使えるようにしてほしい。 昔の家は風とおりのよい家だったので、今...
新築 鈴鹿市I様邸
数寄屋風で屋根はにぎやかに、掘りごたつがあってゆっくりくつろげる間取りで。...
四日市 A様邸
父さん、母さんの終の住みか 二間続きの和室に床の間と仏間がほしいです...